碓氷 峠 事故。 国鉄EF63形電気機関車

🙄 ではの1人、が有名であり、先祖が勅勘によってされ碓氷峠に隠棲していたといわれる。 すべての写真はクリックで拡大してご覧になれます 碓氷峠の熊野神社 長野県と群馬県の県境がある、中山道碓氷峠(旧碓氷峠)の頂上、標高1200mに鎮座し、日本武尊と熊野三神を祀っています。 碓氷峠は、 日本武尊(やまとたけるのみこと)が八咫烏(やたがらす)に導かれて 頂上に登り 「あづまはや・あゝわが妻よ!」と嘆いた峠と伝わります。

2
長野県警の検証の結果、バスのギアがになっていたことと、部品に異常がなかったことがわかった。 2kmだが、最大の高低差が554m。

☘ 武田博仁; 安藤いく子; 高橋努 2016年1月15日. 踏切事故が原因と喜べた経緯ではないものの、引退まで語り継がれる大きなエピソードとなりそうです。

18
また、にはで数回にわたる土砂崩れが起きて50名が亡くなった。 の利用も有効。

👏 )ことになったが、同作品についてはある程度は述べるにとどまった。 廃線前日の1997年9月30日に定期単機回送の単171列車にて軽井沢へ回送。 の・『ぼくの帽子』の冒頭には碓氷峠が登場し、の『』はそれを引用している。

1
連絡回線用。

☣ 主要機器のうち抵抗制御器はCS16AからCS16Cへ、バーニア制御器はCS17AからCS17Cへ、転換制御器はCS18からCS18Bへ変更された。 2016年1月20日閲覧。 主要機器 [ ] は交流電気機関車に続き端子電圧750V時1時間定格出力425kWのMT52形をEF60形2次車およびEF62形と共に直流電気機関車として初めて採用した。

16
この道免許取ってから数えきれない位走っています。 怪我人がいる」などの早口で慌てた様子の119番通報が3人の乗客からあった。

😉 下りの列車や電車の場合、横川に停車して後ろに2台の機関車を連結。

自社工場で施工できない工事・車体製造を含めたメーカーということで、総合車両製作所 J-TREC 横浜事業所に搬入……のようです。 電気車研究会 『鉄道ピクトリアル』 1988年1月号 p. ちょうどひと月前に、碓氷峠(うすいとうげ)でバスの転落事故があったばかりです。

💔 一つ目は1918年 大正7 に起きた構内での脱線事故。

バスは事故直前に急ブレーキをかけていたとみられた が、現場250 m前に設置された国土交通省の監視カメラの映像ではブレーキランプは何度か点滅するが、ほとんど点灯したままの状態だった (また、現場1 km前にもカメラがあり、そのカメラの映像では異常は見られなかった )。 「丑三時昔の兵たちが」 私は見た事はないけど小さい兵隊達がこの橋を午前2時頃歩くと…聞いた事が有りますまた昔この橋の近くに車ごと焼身自殺して車だけ残っていた事が有りその怖い物見たさに夜その車を見て触った人達…皆死にました。

🙏 ブレーキはエアーで作動させますが、パーキングブレーキはエアーが抜けるとバネの力で押しつけ制動しますのでエアーが抜けると逆に止まります。 7の急勾配を逆走し、熊ノ平駅の側線に突入後脱線大破したもので、列車乗務員および熊ノ平駅駅員の2名が即死、重傷を負った乗務員2名がのちに死亡、他の乗務員4名も重軽傷を負う惨事となった。 当該事故のドライバーも、旧制度時代に大型免許を取得していた。

7
DT126形中間台車 MH91-FK34形主電動機送風機は、発電ブレーキ使用時の抵抗器熱をより素早く冷却させるために、6基設置である他形式とは異なり、本形式の電動送風機は出力電圧を250Vから375Vに増圧した4基設置とした。