アゾ リウス コントロール。 アゾリウス・コントロールとマルドゥ・ウィノータ(スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

📱 MtGライターのドブフクロウです。 [] サンプルリスト [] 緑白青• [] 白青黒• [] レガシー でも同様、とを採用したの形を取る。

2019. この効果で相手の行動を制限してピンポイントに対処していくことです。

😝 昔のアーティファクトのカードは茶色だったため、アーティファクトデッキは「茶単デッキ」など呼ばれることもあります。 中・長期戦を見越してこのあたりも採用しています。 この動きはアグロデッキからしてはたまったものではなく、《》による盤面リセットからこれに繋げられると投了ものである。

18
行動が制限されれば1枚の打ち消し、1枚の除去で場をコントロールできるということ。

📞 早めに攻められライフが減るのがきついデッキなので、3点回復は非常にありがたい! 確定カウンターなのも強力。

20
夢さらい1枚をこのカードに差し替えて、サイドに3枚入れるのも良いかも知れません。 さて、『統率者レジェンズ』の新情報も気になるところですが、ローテーションを1ヶ月後に控えたスタンダードも今なお変化を続けています。

🖖 ラクドスサクリファイスは《》以外に打ち消せるカードはほとんどありませんが(《》ぐらいです)、そこには目をつむることにしました。 その後、あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。

6
上記のや、そしての存在により対に優位に立つことができる。 3 白 白 エンチャント — 英雄譚 Saga (この英雄譚 Saga が出た際とあなたのドロー・ステップの後に、伝承 lore カウンターを1個加える。

😋 日本のプレイヤーとしては熊谷陸選手が最終戦まで勝ち上がり、惜しくも敗れて準優勝となった。 8月1日、が無事終了した。 《溢れかえる岸辺》• 色の組み合わせは、覚えていないと分からないことがあるため基本的にはそのまま(白青とか)で共有することが多いです。

1
今日はそんなダークホース的に勝ち上がったデッキ2つを紹介するとしよう。 12月18日現在、パイオニアフォーマットで禁止されているカードは以下のとおりです。

🤛 [] 魂寄せ型• 4 [] サンプルリスト• 今回も晴れる屋のカバレージページでが掲載されているようです。

8
[] モダン では初期にが少数存在し、参入後にはその流れを汲むがの一角を担うまでになった。

⚠ 使用者:Th00mor• (~) Azorius Control 土地 26 3 1 2 2 4 4 3 5 2 クリーチャー 0 呪文 34 1 4 3 3 1 1 1 1 4 1 3 1 4 3 3 サイドボード 15 1 2 1 2 3 1 2 1 1 1• 《ニッサの誓い》• の一種でもあり、とによるが搭載されている。 軽い除去と《》が入り、相手からは少しの手札破壊と《》ぐらいです。

1 白 白 青 ソーサリー この呪文は打ち消されない。

🙄 一方、カウンターのを除去等で圧迫しているので、これらの除去が純粋なコントロールデッキ相手には、メガ・パーミッションなどよりも分が悪くなっている。 白は唯一・・全ての除去が得意な色であり、2色でも十分な対応力を確保できる。 このデッキは土地が33枚と(80枚デッキにしては)比較的少なめです。

17
(ジャンドサクリファイスから始まったサクリファイス系デッキを俺がどうしても苦手で上手く使いこなせないことも大きな理由です。