ニューヨーク ダウ 株価。 NYダウ(ダウ工業株30種平均):時系列/推移 | 投資の森

🤙 - 指標については弱いものが目立ったが、楽観的傾向の中で史上最高値を力強く更新した。 特にモデルナのワクチンはファイザーのものと比べ取り扱いがしやすいというものであったことも市場のポジティブな雰囲気を更に高めたものと思われる。

ただ、それでもダウが上がれば日経平均も上がるという関係性は意識されているため、 ダウが上がり続ければ日経平均も連動して上がっていくものと考えて良いでしょう。

☕ - 週間の上昇幅は1168ドルを記録。 - 米国雇用統計が発表され市場予想より大幅に強い雇用の数字が出たことで続伸• US$23,851. 16まで上がり最高値を更新。

12
- ヨーロッパ圏内の新型コロナウイルス感染再拡大が危惧され、終値27,000ドルを割り込んだ。

⚓ ことし1月には、アップルの株価がボーイングを抜いてダウの中で最も高くなり、「伝統的な製造業に代わってIT関連企業が産業界の『顔』になった」と象徴的に伝えられました。

- 長期金利の上昇で企業収益が悪化することが懸念されたため、全面安。

😈 - 引き続きトランプ相場の様相で金融株が上げを先導したが選手ほどの勢いは無く寄り付き後に史上最高値を更新してから中盤まで軟調な展開があったが引けにかけてプラス圏を回復したことで終値ベースでの史上最高値を更新する結果となり3営業日連続の史上最高値を更新するとともにダウ平均が史上初めて18,900ドルを越えた歴史的日となった。 の感染拡大による打撃を和らげるための処置として、米議会で2兆ドル(約220兆円)規模の大型経済対策をめぐり与野党協議が続いている中で市場は与野党議会主要人物の「与野党の合意が近づいている」との発言報道を好感した。 2日には地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表されます。

しかし、その後の後場に入ると急速に上げ幅を消した。 銘柄構成企業は、以前はすべて NYSE 上場企業であったが、11月に初めて上場企業から選択され(と) 、2020年8月31日現在、6社がNASDAQ上場企業となっている。

😇 この差は、20年間経済成長を続けてIT産業を始めとする新産業を創出することに成功したアメリカ経済と、構造改革が停滞し「 失われた20年」になってしまった日本経済を象徴していると言えます。

13 369,317,134 2020年11月12日 29,397. - イエレン議長の半期に一度の議会への金融政策報告書の事前原稿で市場が思っていたよりもハト派傾向であったことを好感(安心)して一気に100ドル以上上昇して寄り付きその勢いで史上最高値を更新しトランプ大統領の息子であるトランプjr氏に関連したロシアとの関係などが出てくるなどトランプ大統領誕生までの一連の疑惑などが囁かれるロシアゲート懸念などもある中で終日堅調に推移した。

📱 終値は$27,462. 続伸の背景には世界的に株価が上昇し好調な株式市場の流れが続いていることや決算への大きな期待があると思われたが、徐々に利益確定に押され、さらにモラー特別検察官がバノン氏を大陪審に召喚するのではとの観測が流れたことも影響してか一気に利益確定優勢となり終値では前日比約-10ドルに沈み大きく上げた分を帳消しにした。

6
NYダウとはその名のとおり、ダウ・ジョーンズ社が発表する優良工業株30種(銘柄)を対象にした平均指数のことです。 JPモルガン・チェース• - 指標は良くないものが多かったが、先物段階より上値を追い寄り付きで史上最高値をあっさり更新していった。

😭 - 英国のスコットランド独立住民投票が独立反対派の勝利で終わり一先ずリスク要因が一つ無くなった事と中国のネットビジネス大手アリババがNY市場に上場し初値が売り出し68ドルから大きく続伸して94ドル付近を付ける約3割高となったことなどを好感する形で世界的に続伸商状で始まったが週末や休日中にG20財務相・中央銀行総裁会議がオーストラリアのケアンズで開催されるという事もあり終盤は利益を確定させようとする売りに押される形で引けを迎えた。

7
12月にはさらに金融緩和を拡充する見通しで、ジャブジャブのカネ余りは続くが、投資先は限られている。

⚡ 株価が高い銘柄の影響を受けやすい• NYダウ平均株価には、「ダウ工業株30種平均」、「ダウ輸送株20種平均」、「ダウ公共株15種平均」の3種類と、これらを合わせた「ダウ総合65種平均」があります。 その後は金利上昇を嫌気した調整が続いていますが、 アメリカの経済指標は良好であるため、今後更なる高値更新が期待されます。

12
結局終値ベースにおいても連日の最高値更新となった。 8%値上がりしました。

🤝 - 引き続き中間選挙の不透明感が無くなった事と、当日発表された新規失業保険申請数が市場予想より強い結果となったことなどを好感し連日の史上最高値更新となった。 一方、ナスダック総合指数は、前日比27.816ポイント高の12377.182と反発した。

20
長期的な視野での株式投資をしたい方には、NYダウの銘柄はぴったりかもしれません。