スーパー カブ c125 カスタム。 ライトカスタムからフルチューンまで多くの『スーパーカブ』カスタムが集うカフェカブミーティング|デジモノステーション|M

😉 会社は気力・精神力・体力を消耗しますから…。 新型『C125』や『クロスカブ』のカスタムも 参加者の中には、今年9月に発売されたばかりの新型『スーパーカブC125』で駆けつけた人も。

8
白いタンクに赤いエンジンがトレードマークの「F型」と呼ばれるキットを装着した1台。

😙 車体中央にタンクを追加し、一気にスポーティなイメージに。 というように、C125のディテールを眺めていくと、そこにかけられた手間ひまに半ばあきれさせられるが、「アレもしたい、コレもしたい」という思いが隅々にまで盛り込まれ、喜々として開発された様子が伝わってくる。 【マイナス点】 ・高価格。

3
快適ロングツーリング• ヘッドライト下に装着したオイルクーラーが象徴的で、エンジンはチューニング済みのようです。 純正キャリアより高い位置になるため、リヤボックスが背もたれ代わりになりそうですね。

💔 朝の通勤時間はスタートダッシュが重要なのに、これは全然ダメです! 最高速度100キロ以上なんて必要ありません。 見て楽しい。

こちらの車両は2017年11月に発売された、いわゆる「新型スーパーカブ110」、それをベースにカスタムが施されたモデルであるが、その内容が絶妙にマニアックなのである。

👏 まぁ、タイ生産だからこの価格ともいえないこともないが、ここまでスペシャルな装備でこの価格に収まっているのはホンダの企業努力としか言いようがない。 ホンダ店以外で見かけなかった。 実はノーマルではない、ホットラップ製マフラー ノーマルと同様のエキパイの取り回しで、クランクケースの下にはキャタライザーを格納した膨らみも……。

そして試乗後「どうせなら」と思った点も、やはりひとつ。 アニバーサリーモデル大集合!• スーパーカブ110との共通パーツはボルトの類い程度で、外装はもちろんリアキャリアもシートもマフラーも異なり、前後のステップバーやペダル、グリップですら専用品を採用。

🤞 これによってビジネスバイクなイメージをちょっぴり払拭できる、走行風を浴びて。 とはいえ、望むのはその程度でもある。 車より道の状況を五感で感じられるので、バイクで走ったほうが印象に残ると思います。

ボディの塗装からレストアされていない個体と思われますが、スポークやリム、マフラーなどのメッキが輝き手直しされたものと思われます。

⌛ リアフェンダーは樹脂ではなく、わざわざプレス成形のスチールが用いられ、初代スーパーカブ、C100の柔らかい曲線が再現されているのだ。 シフトインジケーターとディスクブレーキがあれば…。 空冷エンジンが好き!•。

14
コンパクトながらも 十分な視認性・被視認性を確保しています。 5em 1em;background: 888;color:white;white-space:nowrap;overflow:hidden;text-decoration:none;-moz-opacity:. ・いろいろいじる時にレッグシールドなど外装を外すのに時間と手間を要する。

🤝 農道が似合いそうな雰囲気だ。

20
afls-container[data-afls]:not. スマートキーとパンクに強いチューブレス化を可能とするキャストホイールをスーパーカブとして初採用。 1996年に販売されたドレスアップキット「カブラ」を装着したマシンも展示されていた。