ひとりひとり 表記。 一人一人・一人ひとり・ひとりひとりの違い【正しい表記や書き方】

⚡ 巡回や、実習先での不測の事態に備えての電話番や待機はあるけれど、いつもの、分秒刻みで追いまくられる日常とは違って、TO DOリストを睨みながら自分で仕事の計画を立てることができる。

1
元々昭和23年の内閣告示、「当用漢字表」では、 「ひとり」を「一人」と漢字で書くことができませんでした。 古来よりの日本語は縦書きで、同じ字を続けて使うことはしませんでした。

☯ 例を挙げると、「 ひとりひとりのおもてなし」という書き方だと 平仮名ばかりが続いて何となく稚拙な印象を与えてしまいます。

16
すべて仮名で「こども」と書かれているのは,小さい子供にも読めるようにとの配慮でしょうか。 「Adobe Reader」をお持ちでない方は,からダウンロードして御覧下さい。

👇 とある国語学者のサイトに、以下のような記述がありました。 …あまりしたくない仕事である。

1
A ベストアンサー かなりややこしい問題です。 むすこ,むすめ。

🤘 (「1人」「一人」「独り」の使い分けは各社基本的に同じ) ちょっと気になるのは下記の2点。

14
原稿を集めて、構成して、冊子にする、というだけのことであるけれど、テーマに沿って書いてもらった実践報告は、文章の体裁を整えながら、説明を補ったり、図表を作り直したりする。

😔 とけい 時計• 「目指す」がそうだが、「身体の一部を充てた漢字を避ける」というのは、何らかの表記ルールを定めているところでは、具体的にひとつひとつ、「これはひらがなで行きましょう」、というリストを定めている。 「適」は「かなう」。

誰にでも平易にわかる文章にしたいときや、ひらがなの柔らかさを使いたい場合 また、その文章を読む対象とする人に合わせる場合ですね。

❤️ 以上、現状は「一人一人・一人ひとり・ひとりひとり」の三様の書き方がされているが、 公用文、学校教科書に使われる「一人一人」がよい。 言い換えれば、 「どれを使えば正しい」「どちらが正しい」などの定義はないということです。 --------------------- 『文部省 用字用語例』(昭和56年12月) ひとり 一人 一人の力、一人っ子、一人一人 --------------------- 時事通信『用字用語ブック』(4版) ひとりひとり =一人ひとり〈各人〉~ 一人ひとりの個性を生かす =一人一人〈人数〉~ 一人一人呼び出す --------------------- 共同通信『記者ハンドブック』(9版) ひとりひとり 一人一人〔人数〕 一人一人呼び出す 一人ひとり〔各人〕 一人ひとりの個性を生かす --------------------- 共同通信『記者ハンドブック』(10版) ひとりひとり・ひとりびとり 一人一人 一人一人呼び出す、一人一人の個性を生かす --------------------- 朝日新聞『朝日新聞の用語の手引』('05-'06年版)('81年版、'97年版、'02年版も同様) ひとり = 慣 一人〔人数に重点〕 一人勝ち、一人口は食えない、一人芝居、 一人旅、一人 っ 子、一人天下、一人ひとり<または一人一人>、 一人舞台、一人息子、一人娘 =独り〔孤独、独断、独占、単独〕 例略 --------------------- 毎日新聞『毎日新聞用語集』(2002年) ひとり 慣 一人 …「ひとりひとり」は記載なし --------------------- 読売新聞『読売新聞用字用語の手引』(2005年) ひとり …「ひとりひとり」は記載なし --------------------- NHK『新 用字用語事典』(2版、3版) ひとりひとり <一人一人> …引用注:<>用いてよい許容の表記 --------------------- ということで、「一人一人」が主流のようです。

10
ひらがなで表現する場合は文語的表現、文芸的表現です。

😭 漢字の由来としては、 「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。

17
A ベストアンサー 良く似た言葉で、「ひにち」を「日にち」と書くというのがありますね。 アーカイブ• 以上の事から考えると、 新聞業界ではどれを使ってもよいという結論になります。

⚓ 現在では,「コドモが一人います」とか「コドモたちが集まる」などと使われ,コドモには「子」の複数という意味がなくなっています。 また、「編新」では、「ひとりひとり〈一人一人〉」とし、両方認めてい。

7
。 【繰り返し符号】とは、ネットで扱えないのですが、平仮名の「く」を縦に延ばしたような字です。