藤井 聡太 退学。 藤井聡太二冠・高校を自主退学 谷川浩司九段が見た“スーツに黒スニーカー”18歳の素顔

🤫 棋士に学歴は不要だろう。 ただお母様は気を揉んだでしょうね。

2
藤井さんが勉強に対する向上心がないとはとても思えないので」と話す。

💅 在学していた名古屋大学教育学部附属高等学校も、17日に校長名でコメントを寄せた。 将棋の藤井聡太2冠(棋聖・王位=18)が名古屋大学教育学部付属高校(名古屋市)を今年1月末で自主退学したことが分かった。 秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届を提出いたしました。

8
理由は『タイトルを獲得してきたことで将棋に専念したい気持ちが強くなったから』 確かにこの理由で他になんの文句もつけようがありませんね。

💋 プロ棋士も「それでもこの時期に退学とは…」と驚きをあらわにする。 彼が高校3年生に進級した昨年4月、コロナ禍による緊急事態宣言があり、学校は臨時休校になった。 「中学生でプロ棋士となった羽生善治九段も高校を中退されている。

なかなか学校に行けなかったはずです」(スポーツ紙記者) '20年7月に棋聖、翌月には王位を獲得し二冠、八段昇段を果たす。 記録係を務めれば、日付をまたぐ対局にも付きっ切りになる。

🔥 1月末で高校を自主退学していたというのだ。 《藤井くんは、本校で学んだ生徒であることに変わりはありません。

連盟を通して「タイトルを獲得できたことで将棋に専念したい気持ちが強くなりました。

👊 「藤井さんは対局の前後は現地に宿泊することが多い。

17
聡太くん、頑張れ。 自主退学理由:まとめ 以上藤井聡太二冠の自主退学の理由を考察しました。

😉 それにしても、あと1か月ちょっとで卒業だったのに…。

タイトル戦の当日は欠席扱いにならないと学校は話していましたが、その前後までは認められなかったようです」(同・スポーツ紙記者) 一般的な高校では、1年間の3分の1以上欠席すると、進級や卒業が危ぶまれると言われているだけに、今回は出席日数をクリアできなかった可能性が高い。