電子 マネー ランキング。 電子マネーってなに?種類とそれぞれの特徴を比較解説!

🤣 WAON:6,660万枚• 発行数が非公開のため今回はランキング圏外となっていますが、最後に公開していた2017年の6,660万枚から予想すると7000万枚強となり、楽天Edy、Suicaに次ぐ第3位に当たります。

14
またPayPayユーザーどうしなら手数料なしで残高を送り合うことができ、銀行口座への出金も可能です (送金、出金機能)。

🤘 というのもd払いは決済額に対し、通常ポイント還元率0. ただ複数のエリアに またがって使うことができず JR東日本管轄の駅から乗車して JR西日本の駅で降りるときは 自動改札機を使うことができません。

12
ちなみに当サイトいち押しの楽天カードは QUICPayとして利用可能です。 この背景には最新スマホのおサイフケータイとも言えるApple PayやGoogle Payが普及したこと、そしてLINE PayがQUICPayに、メルペイがiD決済に対応したことが大きそうな感じ。

🎇 リクルートポイントは人気の共通ポイント Pontaポイントに相互交換することが可能となっており、貯まったポイントの使い勝手も文句無しとなっています。 実際に楽天Edyが使われているかは別 しかし、発行枚数が多いからといって、一番使われているとは限らない。

4
参考リンク: この機会に電子マネーを使ってみようかな…という方は下記記事も参考に。

✍ 選び方がわかると比較がしやすくなるので、参考にしてください。 【プリペイド式】クレジットカードも銀行口座も不要なチャージ式 プリペイド式はチャージをして、そのチャージ残高で支払う方式なので、クレジットカードも銀行口座も不要なのがメリットです。 d払いの特徴・メリット d払いはドコモ関連のサービスを利用しているほどポイント還元率が高くなり、最大で常時8. クレカ利用でたまるときめきポイントはWAONポイントに交換可能。

7
もともとJRのSuicaに対抗して出てきたカードで、首都圏の私鉄やバスの利用が主な対象ですが、現在ではSuicaを含む全国の交通系電子マネーとの相互利用がされるようになっていますので、JRを含む全国の電車やバスでも使用できます。 混み合ったスーパーのレジでスマートに会計をすることができるだけではなく、ポイントや割引の優待をうけることができるのは大きなメリットになりますよね。

📞 ICOCA:1,567万枚• 5%以上になる場合も少なくありません。 あなたが買い物をする際、使用する支払い手段を全てお選びください。 電子マネーを利用する際の注意点として、獲得したポイントが分散したり、管理が大変になることを避けるため、あまり多くの種類の電子マネーを持つのはおすすめしません。

17
さらに前年利用額による特典は他にもあり、雨天時の傘の提供サービスや有料駐車場の無料サービスなどが受けられます。

☕ 楽天ペイは登録のクレジットカードから決済分を支払えるため、登録するカードをポイント還元率1%の楽天カードにすれば、楽天カード利用分のポイントも貯まり、合計1. 電子マネーは日ごろ利用することが多い サービスに応じて選ぶのが一番お得ですが 何を使えばいいかわからない場合は これまでの内容を参考にしてみてください。

4
楽天スーパーポイントは1ポイント1円で大手ネットショッピングモールの楽天市場で利用できるからです。 ポイント還元率が最も高いことで人気だったnanacoの還元率が1%から0. タッチ型決済はスマホやカードを タッチするだけで決済ができる 電子マネーです。