Tis インテック グループ。 TIS、ESG情報の活用に関する共同研究を東京理科大学インベストメント・マネジメント、三井住友トラスト・アセットマネジメントと実施

🌭 2008年02月 - 天津提愛斯海泰信息系統有限公司を設立。 多様な変化に柔軟に対応していくお客様ニーズにお応えするために、2013年よりAWS技術者育成、AWS環境構築に携わり、グループの総力を活かし、AWSビジネスを推進しています。 ソランピュア株式会社• 株式会社マイテック(2015年〈平成27年〉SMKへ株式譲渡) インテックグループが出資している主な企業 [ ] 上場企業• そのため、インテックなどその他のITホールディングスグループ会社は新生TIS 株 傘下の子会社となる。

6
- 純粋持株会社制へ移行。

🤔 ネットワークアダプタ ハウジングアクセス ハウジングアクセスでネットワークアダプタを提供します。 1991年09月 - 及び市場第一部指定替え。 インテックは、1964年の創業以来培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、新たな市場の創造にも積極的に挑戦しています。

5
(平成11年) - 東京ビル(東京都江東区新砂1-3-3)竣工。

🤝 また、店頭では新型コロナウイルス感染症の影響を受け、人員不足を要因とした課題や新しい生活様式への対応が生じています。 2020年04月 - (1:3)を実施。

4
TIS北海道株式会社• 3.TLSアクセラレータ 閉域IP網ネットワークサービス(モバイル)と同様に、インテックでは、インターネットEDIへの移行が困難なお取引先向けに、既存環境に導入するTLSアクセラレータを利用した通信環境構築を、パートナー企業との協業により推進する事を検討しております。 事業所 [ ]• 最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

💓 (ネットワークアダプタ:含む) インターネットVPN お客様拠点を本サービス指定のインターネット回線で接続するメニューです。 そこで国内最大規模のEDIサービスを提供するインテックは、既存のインターネット回線を利用したEDIサービスだけでなく、新たなネットワークサービスをメニューに追加することにより、お客様と取引先とのEDIによる業務が円滑に移行できるようにサポートしてまいります。

12
TIS長野株式会社について() TISインテックグループの TIS長野 は、2015年にTIS株式会社から長野県および周辺地域における事業を移管する形で設立しました。 2015年10月 - 2016年7月にITホールディングス 株 が当社を吸収合併、事業持株会社とし、社名をTIS株式会社とすることを発表。

👉 タワー111の北側にある。 また、オンライン臨店サービスとして現場の業務に即した機能を継続的に開発するための協賛企業を募集します。

4
2009年05月 - 次世代型データセンター「心斎橋gDC」全面開業。 『売場ウォッチ』で他店舗と売場情報を比較できるため、自主的な改善策の検討が可能• (平成21年)にはインテックがインテックホールディングスを吸収合併した。

🤟 本共同研究は、投資先のパフォーマンスに影響が大きい項目 エンゲージメント対象とすべきテーマ をESG情報から抽出し特定することを目指します。

10
TIS長野は、多数のAWS認定資格者を有しており、長野県をはじめとする周辺地域のお客様のビジネスに貢献していくために、AWS関連のサービス、ソリューションを活用し、AWS環境構築、運用支援までを提供していきます。

🖖 ホーチミン駐在員事務所 - PSO Business Center Room No. 西新宿三井オフィス - 東京都新宿区西新宿6-24-1• 2012年01月 - TISI Singapore Pte. 『売場ウォッチ』で売場の状況を閲覧しながら会議を実施できるため、報告資料の作成時間が削減可能• (令和02年)3月 40. デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。 (昭和45年) - 株式会社インテックに商号を変更。

これは(平成18年)に富山港線のLRT化と経路変更の際新設された停留場の命名権をインテックが1,500万円で買い取ったもの。

⚔ 経営理念 情報サービスの提供を通じて、社会的責任を果たしつつ、お客さま、社員の満足度の向上をめざす。

9
- 主要株主(第5位)• 株式会社インテック・アイティ・キャピタル• 14, Floor 15, Lim II tower, 62A Cach Mang Thang Tam Street, Ward 6, District 3, Ho Chi Minh city, Vietnam• が高価だった時代に、共同利用する構想で(昭和39年)に「株式会社富山計算センター」(資本金1,000万円)として創立され、(昭和45年)に商号を「株式会社インテック」に変更している。