シュレッダー 家庭 用。 シュレッダーの人気おすすめランキング10選【家庭用・業務用】

😗 商品リンク• そこで今回は、シュレッダーの選び方のポイントや、おすすめのシュレッダーのランキングをご紹介しましょう。 しかしながら、家庭で使用する場合、あまりに大きい機種を選択してしまうと設置や収納に困ることになります。 速度 細断の進む速度です。

20
オフィスでも使用できるスペックを備えていながら、 コンパクトサイズなのでお家においても邪魔になりません。 そこで今回は、 家庭用シュレッダーの選び方のポイントを解説しつつ、人気商品の性能や価格を比較して、おすすめの家庭用シュレッダーランキングをご紹介したいと思います。

❤ セキュリティ性が気になる方に特におすすめのシュレッダーです。

7
逆に連続稼働時間が短い場合は、まとめて用紙を処理することができなくなるため、再度動かさなくてはいけなくなり、面倒ですし時間がかかってしまいます。 しかも、他社に情報が漏れないようにきちんと処分することが必要不可欠となっています。

☮ コンパクトなモデルなら、卓上に設置したり気軽に持ち運びしたりできるので便利です。 シュレッダー購入の予算と部屋に置くことが出来る大きさは自然と決まってくると思いますので、この順番で選べば、機種選びに迷いにくくなります。 6345円 税込• どのサイトでも紹介している基本的な選び方から、人気の機能や細断したいもので選ぶ方法もご紹介します。

7
また、本体上部がダストボックスにセットしていないと、電源が入らないようになっていたり、投入口には手が入らないようになっているため、安全設計がしっかりされていて安心です。

😄 7250円 税込• サイズ 20. 万が一紙が詰まったときでも、安全性に配慮しながら使える逆回転スイッチも付いています。 上位機種については、特殊な加工をした給紙ローラーを採用し、紙を確実に投入口に送れるようになっている 関連ページ: アスカシュレッダーの特徴• 下記のリンクで詳しく紹介していますので、ぜひご覧下さい。 当然ながら、ラベルシールも細断を禁止しています。

19
家庭用として、静音性の効果が期待でき、場所を取らないシュレッダーや、高速細断できるシュレッダーなど種類も多いです。

😄 ダストボックスに小さな窓がついているため、そこからゴミの量を確認することができるようになっています。

13
そんな写真の細断を保証しているシュレッダーは、ほとんどありません。 1セキュリティ性 細断サイズは文字の判読に大きく影響します。

♻ また気になる大きさについてですが、電動タイプでも卓上で使用できるものもあり、手動と変わらないサイズのものも売られているため、電動タイプを購入することのメリットの方が大きいと言えます。 コクヨやナカバヤシといったメーカーから、電動・手動・静音タイプとさまざまな商品が展開されています。 これ1台で3役の仕事をしてくれますから、持っていると便利です。

19
By: シュレッダーの購入時には、設置場所や細断する用紙に合ったサイズの製品を選ぶのがポイント。

🤛 投入口に指が入らない仕様で、子供のいる家庭でも場所を選ばず設置できます。 クレジットカードを細断したいのであれば、ICチップ入りのクレジットカードの細断にも対応している電動シュレッダーを選びましょう。 また、お金を掛けずに機械をお手入れする方法もあります。

1
ダストボックスは引き出し型で、約13Lと大容量です。 国産による高い品質が、同社業務用シュレッダー一番の特長• 連続時間が短ければ、機械を休ませることはできますし、相対的に使用頻度が低くなります。

💖 家庭用シュレッダーの場合、設置場所と使い勝手を加味すると、8~10L程度のゴミ箱を備えている商品が理想です。

12
CDやDVDなら5分割、クレジットカードなら3~5分割に処理できます。

👍 掃除もしやすそうですね。

2
ダストボックスの容量は小さいですが、その分コンパクト。 自分にピッタリのシュレッダーを選ぶのであれば、専門店を利用するのが一番です。