功 を 奏する。 「功を奏する」とは?意味や使い方を解説!

👎 「功を奏する」について 「功を奏する」は、 「こうをそうする」と発音します。 「どの方策が奏功するか、判断する必要がある。

16
その点で「奏功」を一般的だとするのが、この場合の扱いである。 こちらの辞書は、「奏功」しか挙げていません。

😁 内助の功(ないじょのこう):夫の活躍を支える妻のはたらき。

奏功する。

🤩 日本語における「奏効」誕生にまつわる資料を新たに発掘、満を持しての記述に違いない。

4
そこで 「功を成す」か 「功を奏する」のどちらを使うべきか迷った時は、その文章の主語を考えてみると良いでしょう。 その時のメモが残念ながら見当らないので、手許の資料だけを頼りにこれを書くことにしよう。

😈 成功すること」とする。 「功を奏する」を使った例文と解釈• ただ注記として、「奏功(奏効)」などは、「むしろ8の例として扱ったほうがよいかもしれない」と書いています。 「功を奏する」の英語• こちらには「ききめ」がない。

18
「彼は智将といわれているが、初めの戦いから功を奏するということではなかった。 「The sake began to take effect. 努力や苦労とまでは行かないまでも、自分の言動がそれに繋がったという使い方も多いです。

🙃 「功を奏す」の使い方と例文とは? 「功を奏する」「功を奏して」のように表す 「功を奏す」は「功を奏する」や「功を奏して」のように表します。 (同pp. 「立派なことを成し遂げられる人に」「努力を惜しまない子に」などという願いをこめて名づけることができる。 「Be successful」は、人についても、人以外の努力や方策などについても使えます。

例えば、1日に1時間1人の社員のビラ配りが奏功して、右肩上がりに売上がなったというときは、1日に1時間1人の社員のビラ配りのおかげで右肩上がりに売上がなったという意味になります。

😂 ほか編『岩波国語辞典(第七版)』(2009)も、「奏功=従事していることが首尾よくできて、功をおさめること」「奏効=物事の効果があらわれること」と語釈を施しており、両者を区別する。 「効を奏する」が「功を奏する」の別の表記としてありますが、使うときには注意する必要があります。

この二つが合わさることにより、「天皇に功績を奏上する(報告する)」となり、それが変化して「効果がある」「作戦が成功する」などの意味を持つ言葉になりました。 (3)できあがる。

😇 「Her complaint proved to be effectual in bringing action. 奏功は奏効と表記されることもあり、同じように「そうこう」と読みます。 功を奏するの意味は、実力を発揮して、そう効果を確かめる事になります。 しかし、功にはききめの意、また効にも手柄の意があり、「奏功」と「奏効」はほぼ同意と考えられる。

11
「功を奏する」の言葉の使い方 功を奏するは、前述のように、多くの場合で 「功を奏した」の形で使われる言葉です。