東武 東 上線 運行 状況。 運行情報:千代田線

❤️ 池袋駅 - 小川町駅間:• 2008年6月のダイヤ改正より、日中は8 - 15分間隔で運転され、日中の1時間に1本の準急を川越市駅より先、小川町方面へ延長し急行としたため急行が1時間に5本(日中)となり、平日朝ラッシュ時間帯の上り急行新設、夕ラッシュ時下りTJライナー新設と相まって川越市駅 - 小川町駅間の各駅利用者の利便性は格段に向上したが、日中1時間に3本に減少した準急依存の志木駅 - 川越駅間の急行通過駅では利便性が低下した ほか、ふじみ野駅での緩急接続がなくなったため急行列車の所要時間が池袋駅 - 川越市駅間において1 - 3分ほど増加した。 男衾駅を出ると進路を西に変え、の先でを渡り、を経て終点の寄居駅に到着する。 各種別の現行の停車駅は「」を参照。

9
廃駅・廃信号場• 7月1日:竹沢駅を東武竹沢駅に改称。 これにより2008年6月の改正前と同じ1時間に4本となった。

✍ これは当時、当該時間帯において準急と普通が平行運転を行っていたため、準急は途中駅での時間調整が必要であったためである。

8
池袋駅 - 間:車内信号閉塞式• 以下の2系統に大別される。 このため、運転間隔が4 - 13分間隔とばらつきが出た。

☝ 3km• 10月1日:池袋駅 - 川越市駅間電化。

5
同路線ははじめ東上支線、1969年(昭和44年)3月の板橋区住居表示実施によるの町名発足 、および同年8月に行われた都営地下鉄6号線志村駅の「高島平駅」への改称後は「東武高島平線」の仮称で予定されていた。

😆 副都心線直通 朝夕時間帯に設定されている。 平日は上りのみ、土休日は朝下りと上りで運行される。 小川町駅で寄居方面の列車と接続を行い、和光市駅では池袋駅発着の準急と接続する。

18
川越市 - 森林公園 川越市駅を過ぎると列車の本数が減って駅間の距離も長くなり、車窓も人家が減り農地が増えてくる。 10両固定編成のみの系列であり、主に・に直通する運用に入るが、東上線池袋 - 小川町間のみを走る地上運用にも入ることがある。

🙃 注1 伊勢崎線 久喜以北エリアは伊勢崎線 久喜~伊勢崎 、佐野線、桐生線、小泉線となります。 ダイヤが大幅に乱れ、運用が変更になる際は、有楽町線新木場駅発着となる場合もある。

川越市 - 森林公園間の下り終電を約14分繰り下げて、池袋駅0:02発とする。

🙃 あくまでも 目安としてご利用ください。 他にも秩父鉄道との間に数本線路が存在するが、現在は使用されていない。 6両編成運用廃止。

13
8両編成は副都心線直通(副都心線内各駅停車)で使用され、志木まで乗り入れる。

🤔 動画 東武東上線 上板橋駅で人身事故が今日発生 電車の下に人 Twitter速報画像10月29日 厄日かね。

19
越生線 平常どおり運転しています。