中村 俊輔 海外 の 反応。 中村俊輔マンチェスターU戦伝説のフリーキックへの、海外の評価・反応【動画あり】

☕ 俺の記憶が正しければ、彼はセルティックで活躍して、フリーキックを得意としていた。

( ) 中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、 - )は、出身ののである。 『サッカー狂症候群 中村俊輔篇』 2002年• アジア人の選手による欧州リーグでのMVP獲得は初となる快挙でもあった。

😀 怪我の影響もあり、デビュー戦後は欠場する試合もあったものの10試合に出場し、チームのJ1昇格に貢献した。

2
冬季五輪に8度出場した唯一のジャンパーだ。

☣ 「長年の取材で多くの外国人選手を見てきたが、中村とラーションだけは特別。 JOMO ALL STAR SOCCER 1999年7月31日. この日は、アルゼンチンで開かれていた第11回ワールドカップ決勝戦の前日であった スポーツスーパースター|4中村俊輔より。

18
また、オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターも、歴代のCLグループステージ第5節で生まれた芸術的なゴールに注目しており、「メクセスのとんでもないバイシクル、リバウドの象徴的なオーバーヘッド、ナカムラの異次元FK」と紹介している。 中村が所属したセルティックとの試合の前日、ハミルトン所属のボイド選手と、セルティック所属のティアニー選手が、ともに中村俊輔選手のファンだったコメントをツイートしている。

🤪 中村選手について、イタリアのレジェンドと並べて賞賛するコメントを残している。 インタビューで例のフリーキックのことを聞かれ、以下のようにコメントしている。 「言い訳するわけではないけどあのようなフリーキックを蹴られたらキーパーにできる事なんてなにもないと思う」 ジョン・テリー(元イングランド代表) 「ナカムラのフリーキックはすごかったねえ」 フランク・ライカールト(元オランダ代表) 「ナカムラはシャビと同じ能力を持った素晴らしい選手だった」 ストラカン監督(セルティック在籍時の監督) セルティック時代にレジェンドとなった中村俊輔を率いた監督。

18
セルティックというクラブの歴史において欠かせない選手だった」 関連記事• 2月には東京、の壁面への日本代表オフィシャル・ユニフォーム、巨大広告に起用されるなど 、への招集が有力視されていたが、5月、代表合宿で痛めていた足首のケガが長引いたことや 、当時の日本代表監督であったの選考基準に合致しなかったことなどで落選した。 その他 [ ] 中村のフリーキックは世界的にも評価が高く、海外メディアが選出する名キッカーのランキングにも度々選出されている。

😒 2007年の相手のセカンドレグでは大活躍した。

レッジーナ時代 [ ] 5月、への招集が有力視されていたが、代表合宿で痛めていた足首のケガが長引いたことや、当時の日本代表監督であったの選考基準に合致しなかったことなどで落選した。 同年6月、で、1得点2アシストをあげベストイレブンに選出。

😂 後半36分、ゴールまで約30メートルの位置で直接FKのチャンスを得ると、ゴール右上隅に豪快な一撃を叩き込んだ。 ・なんてこった。

5
代表はもちろん、マンチェスターユナイテッドでも多くのゴールを決めた名選手も、中村についてコメント。

✔ SHUNSUKE NAKAMURA THE SECRET OF DIRECT FREE KICK 中村俊輔 直接フリーキックの極意 関連項目 [ ]• 、3月24日ので行われたフランス代表戦に先発出場するも、当時の世界王者を相手に0-5で大敗する衝撃的なゲームとなり、前半のみの出場で終わる。 2009年6月 - 2010年2月• 元オランダ代表GKファン・デル・サールの懸命の横っ飛びも及ばず、ゴール右上隅を鮮やかに射抜いてみせた。 歴代のCLグループステージ第5節で生まれたスーパーゴールを収録しており、元フランス代表DFフィリップ・メクセスがACミラン時代の2012-13シーズンのアンデルレヒト戦で決めた15メートル超のオーバーヘッド弾からスタート。

9
rottenrain ポーランド Tsubasa! 2001年• 歯を食いしばってキックしてるって意味? ciaranmcw アイルランド 俺はこのコメンテーターに同意する KrakoTheCeltic イタリア NAKAよ、永遠にセルティックの伝説! グラスゴーはお前のホームだ、いつまでも覚えててくれ! mikke121minecraft オーストラリア うーーん……多分746回目ぐらい撮り直したんだよw fabio23776 ブラジル この動画は素晴らしいね。

❤️ 典型的な10番の選手。 ピッチ上でこのようなプレーはしない。 同年7月、8月に行われた中国大会では、最優秀選手に選ばれた。

12
2006年10月14日、戦で海外リーグ戦における自身初のを決めた。 そして2年生3年生の時は高校サッカー全国大会に出場して、3年生の時は全国準優勝に輝きます。